海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

【観光/後編】バイオハザードの推しに会いにUSJ 単身2日間の旅 9月23~24日

さてさて、9月ももう終わりを迎えようとしている今日この頃。
ユニバーサルスタジオジャパンハロウィーンイベントを見に行った話、後編。

ホラーはあんまり好きじゃないけどバイオハザードは大好き!な私が単身で推しに会うためだけに飛行機でユニバーサルスタジオジャパンまで行ってきたよ!…というお話。本当は一人旅の予定じゃなかったんですが、まぁやむを得ない事情で単身参戦です!

今記事ではバイオハザードのアトラクションに入った話をしますよ!
ネタバレが含まれますのでご注意下さいませ(`・ω・´)+

★前編はこちら
snow-moonsea.hatenablog.jp

USJハロウィンとエクスプレスパス

ところで、ハロウィンの限定イベントってエクスプレスパスの対象になっているんですよね。

でも今回私は直前まで何度もエクスプレスパスを取ろうか悩んでスマホで状況をチェックしていましたが。。。
園内でバイオハザードの整理券を獲得できたため、結局パスは取らずに過ごすことにしました。
まぁ、台風が近づいてきたということもあって祝日の割に空いていたという事もあるのでしょう。

一応説明すると、エクスプレスパスっていうのはいつも混んでいるアトラクション及びその時期の目玉のアトラクションやイベントに入場できる確定チケットのこと
www.usj.co.jp
価格はその時の内容や時期によって変わるようですが、私が行った9月23日は祝日ということもあって7千円ほど。
せっかく飛行機やホテルにお金をはたいて行って目的を果たせないのでは辛い。だから買うつもりでいたのですが、何より抱き合わせのアトラクションにあまり入りたくなかったので、悩んでいたんですよね(苦笑)

www.usj.co.jp

レオン編の抱き合わせの「ブラッドレジェンド」は吸血鬼モノのオカルトみたいなので興味があったけれど、貞子(『リング』)もチャッキー(『チャイルドプレイ』)もあまり好きではなく…。
クレア編は抱き合わせに絶叫マシンが含まれていたので、乗り物酔いしてしまう為これはチョイスできません。前回ハリーポッターのアトラクションで「絶叫マシン怖い」より「ウッ…吐きそう…」って感じになってしまったのがトラウマです(苦笑)


まだ私の入場の時間帯ならレオン編もクレア編も選べたのですが…「私の推しに会える可能性が高そうな方を選ぶ」という事で「クレア編」をチョイス。
でもレオン編の方が人気みたいですね。整理券の時間の進みがレオン編の方が早かった。


そういうわけで、まぁ買わなくて済んだのは結果的に良かったと思います、その分気兼ねなくお土産買えましたし(`・ω・´)+

バイオハザード・ザ・エクストリーム!!

そう…そう…これが私の最大の目的、バイオハザード・ザ・エクストリーム!!
ゲーム『バイオハザードRE2』の世界を疑似体験できるハロウィンの限定イベントです。

BIOHAZARD RE:2 Z Version  - PS4

BIOHAZARD RE:2 Z Version - PS4

BIOHAZARD RE:2  - PS4

BIOHAZARD RE:2 - PS4

すごいんですよ、すごいんですよ……!!
案内のキャストさんも全員ラクーンシティ警察なんですよ……!!(°▽°)


率直な感想として…最ッッ高でした。
多忙なスケジュールを割いて飛行機取って良かったーーー!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

推しにも会えたので大大大満足です!!!

しかも、その後夜の時間帯に整理券での入場制限が解除されたのと翌日も整理券取得で入れたので2日間でクレア2回、レオン1回、合計3回プレイ出来ました。

ホラーレベル5、と書かれていたのでかなり警戒していましたがストーリーコンセプトもしっかりしていたしスピード感と胸熱感も相まって怖いというより「エキサイティング!!!!」

もーーー!!
来て良かったとしか言いようのない。


ユニバーサルスタジオジャパンのホームページでは詳しい内容が全然わからないのですが、バイオハザードのアトラクションは「ウォークスルー型」アトラクションです。
つまり、お化け屋敷形式ってこと。

これは以前バイオとのコラボがあった時も大体一緒だったようですが……今回プレイして「一人でも全然余裕だったとわかったし、次回があるならぜひ行きたい ( `・ω・´)+」って思いましたね☆

プレイ方法について

ところで「手荷物はあらかじめロッカーに預けるか、入場しないお連れ様に預けてください」とエクスプレスパスの注意書きに書かれています。
「私単身だし、ロッカーの数も限られているだろうにどうすれば…??」と思って、行く前に結構調べたんですけど、全く情報がなくて悩みました(+_+)

そこで、実際に行ってみて入場者案内をしていたラクーンシティの婦警さんに聞いてみました。「荷物が邪魔にならず、両手が塞がっていなければOK」とのこと(°▽°)
アトラクションの途中で手を使うシーンが何度かあるのでお土産などはリュックサックや肩から掛けられるトートバッグにしまっておくのが良いです

また、中では一切の撮影禁止。
でも本当、撮影禁止なのが惜しいくらいの凝った世界設定だったの!

入場についての話

エクスプレスパスを使用する方法だと、それぞれのアトラクションの参加時間帯が決まったチケットの中から一つ選ぶようなかんじになりますが、それ以外の方法だと「整理券」か「並ぶ」になります。

●整理券の場合
ユニバーサルスタジオジャパンの専用アプリをスマホにインストール → 入場手続き済みのチケットのコードを読み込み → 欲しい整理券を選ぶ → その時点で申し込める入場時間でOKなら、取得に進む
そのあとは指定された時間にスマホの画面を見せて中に入り、アトラクションが始まる直前の場所で整理券コードを読み取ってもらいます(`・ω・´)

●並ぶ
どうやら、整理券の人の入場が全部終わった段階で並ぶのが解放されるようです。
並ぶ場合はグループに分けられる時にどちらのルートなのか決まるため、自分ではルートが選べない形式になっています。

私も外から並べるタイミングを見計らっていましたが、日が暮れるまで案内されるのは整理券の人だけだったのでそういうルールなのだと思います。私が並べることに気づいたのは、「ゾンビ・ストリート・タイム」が始まってからだったので18時以降だったと思います。
でも並ぶの二週目をしようとしたら1時間待ちだと言われてしまったので、夕食の時間を考えて諦めたのですけど。


…ということは、夕方で帰ってしまうスケジュールを組む場合は整理券を取得するかエクスプレスパスを購入するのが良さそうです。
最も、エクスプレスパスでレオン編が含まれているタイプって夜から始まる『ブラッドレジェンド』が含まれているからエクスプレスパスも注意して取得しないといけないのですけれど。
クレア編が含まれている方は夜から始まるアトラクションが含まれていないのでその辺は気にしなくて良さそうです。(ただし、ジェットコースター的なアトラクションが含まれているような気がしますが…)


私は整理券でクレア編を、並んでレオン編を、翌日に整理券でクレア編をプレイして、合計3回(°▽°)
いやー、ほんとうに楽しかった。

プレイ形式とストーリー構成について

これはRE2の世界観の没入型アトラクションです(`・ω・´)+

プレイヤーは8人くらいのグループに分けられて行動しますが、プレイヤーは「警察署に逃げ込んできたラクーンシティ市民」の役です。ラクーンシティ警察署へ避難してきた市民たちは、ラクーンシティ警官の皆さんに避難誘導されながら生還を目指します。

ゲーム中でも警察署は避難所に指定されているスポット…なんて胸熱な設定なのでしょう!(°▽°)

だけど警察署は既にゾンビだらけになっている…ゾンビに追われて逃げ惑ううちに、警察署に居たはずが何故か研究所に迷い込んで見たこともない化け物に襲われる…。

と、ゲームの世界観そのまんま!(*´ω`*)
警察官達が身体を張って守ってくれるのでただひたすらに胸熱です。

もちろん、それぞれのルートの名称になっている二人の主人公の活躍もそれぞれのルートで垣間見ることができます
あぁ…本当に行って良かった……。

怖さについて

ホラーレベル5。
一応、今回のハロウィンの中では最大級のホラーレベルだと思います。

でもね、私は確かにドキドキしてましたけど「怖い < 胸熱!!!」って感じで、もうとにもかくにも世界観に没入しているしていることが楽しくて仕方なかったです。確かに怖かったけど全くと言っていいほど、怖い、もう嫌だと思うレベルには達しなかった。
個人的にはとてもちょうどいい怖さだったんだと思います。

高校の時は友人と一緒に文化祭のお化け屋敷に入って、後ろからゾンビの呻き声が聞こえただけで友達と抱き合いながら出口まで猛ダッシュで逃げ惑った記憶がありますが、案外平気だった!
今回のアトラクションはほんのり照明が落とし気味なだけで結構内部が明るかったせいもあると思います。


じゃぁ全然怖くないのか??というと、私には判断が難しいです_(:3 」∠)_

それというのも、終始先行プレイヤーの悲鳴や叫び声が男女問わず響き渡っているし、同じグループになった若いお姉さんがホラー演出にビックリして叫び声をあげながら私にしがみついてきたり、カップルのうち彼女さんの方が序盤で泣いてしまい彼氏さんが苦笑いしながら肩を抱いて歩いていたりしたので苦手な人はやっぱり無理なのかも。
こういうホラー本当は苦手なんじゃ?っていう人は並んで入る時間帯に集中していたので、多分バイオコラボを目的としている気はなく「何か良くわからないけど並んじゃう?」ってノリで並んだ人が多いのでしょうね。

っていうか彼女さんがホラー苦手なのにお化け屋敷なんか入ろうって言うなよ彼氏殿〜〜ッ!( ゚Д゚)

なんて思ったりもしたけれど、その様子を見たラクーンシティ警察のお兄さんが「そうだ、君がしっかり守ってやるんだぞ!!」って激励していたのが本当に胸熱で、私はそういう演出にドキドキしちゃいました(笑)
ちょっとふざけ気味の男子高校生4人組にクレア姐さんみたいな口調で「いい?私話してるんだけど。生き残りたかったら静かにして。これから言うことをよく聞いてちょうだい。」ときっぱり叱るシーンも最高に胸熱。

ラクーンシティ警察に扮するキャストさんが本当にかっこよくて、そのたびにほれぼれしてしまいました。

あぁ~行ってよかった///

行ってみたいけどホラー要素に耐えられる自信が微妙な人へ

グループで行動が開始されたら、グループの真ん中の方にいると良いです。
色々な意味で難易度が低いと思います(`・ω・´)+

多少怖い目に遭っても、ラクーンシティ警官の皆さんが身体を張って守ってくれる胸熱展開だから、そういうのにときめけるなら多少ホラーが苦手でもチャレンジして欲しい。
ラクーンシティ警官カッコいい。本当にカッコいい。

ちなみに私、3回目のプレイは1番後ろにいました。だって後ろにいた方が推しキャラを長く眺めていられるから…(はーと)

謎解きについて

私は3回ともデッドエンドでしたが、主観としては「クリアさせる気ねぇな?」ってくらいヒントも見当たらないし、本気でクリアしたいならグループの人達とあらかじめ打ち合わせしておかないと駄目だと思うけど、打ち合わせする時間なんて設けてくれません。

謎解きをクリアしなきゃダメなのか、ボスに出会った時に的確に弱点を狙えればクリアできるのか……何がクリアのための決め手だったのかわかりませんでした。
ボスの弱点はバイオハザードのプレイヤーならわかるだろうけど…もしかして謎解きもボス戦も両方クリアが条件ですか?

そりゃ無理だわ_(:3 」∠)_

私は推しに会えたから別に良いけど、欲を言うなら生存エンドも見たかったなぁ、という感想です。

【さいごに…】私の目的、会いに行った推しキャラについて

さて、私がどのキャラクターを目的に飛行機で大阪まで来たのかきちんと話していませんでしたね(;^ω^)

私の推しキャラはシリーズでもあまり出番が多くないし、今後またナンバリングを重ねても過去の人物として語られるがあろうとも再登場する事はありません。


私の推しキャラの名前は「ウィリアム・バーキン
バイオハザードシリーズ「2」、「0」、「アンブレラクロニクルズ」、「ダークサイドクロニクルズ」「オペレーション・ラクーンシティ、そして今回のコラボの「RE2」に登場するキャラクターです。
それから「HDリマスター」収録のサイドストーリーアーカイブ「ウェスカーズリポート」でも結構出番がありますね。

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ - PS3

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ - PS3

あれ?書き出してみると意外と出番多い…???

「6」でも彼の存在に関する言及があるので、バイオハザードやった事がある人なら名前とどんな人物だったのかの概略を知っている人は多いんじゃないでしょうか。

バイオハザード6 - PS4

バイオハザード6 - PS4


私は彼が大好きなので彼が出てきたとき嬉しくて(驚きとハイテンションで)悲鳴をあげてしまったのですが…

彼を見て(恐怖で)絶叫する人多発。

もー!失礼しちゃいますよね!(+_+)
私は彼を一目見たくてはるばる関東から飛行機で来たというのに。

まぁ、でもその「ウィリアム・バーキン」ってこんな感じなんですけれど。
f:id:snow_moonsea:20190926022308j:plain
※キャラクターデザインは一番好きなバージョンである「ダークサイドクロニクルズ」をベースに描きました(*‘ω‘ *)

勿論、アトラクションで出てくるのは右側の方ですよ( `・ω・´)+

右側の方は「G」とか「G 第一形態」等の別名があります。ちなみに、左側の方は「0」なら比較的いっぱい見られます(*‘ω‘ *)


どんな人物かというと、まぁ一言で言えば「絵にかいたようなサイコパスマッドサイエンティスト
慈善活動も精力的な製薬会社アンブレラ社の幹部なのですが、そもそもアンブレラ社は善良な企業を装う裏でB.O.W.(生物兵器)の開発を行っており、B.O.W.を生み出すウイルス研究の中心的人物だった人物です。
世の為、人の為に研究をしている?否、研究の為なら何人でも平気で人体実験します。だってアンブレラだもん(*'ω'*)

「Gウイルス」を狙った者たちに襲撃され、死の間際に「Gウイルス」を自分に投与。その結果、独自の進化を続ける得体のしれない化け物「G」となって鉄パイプを振りまわしながら主人公に襲い掛かってくるボスキャラです(*'▽'*)

……と、概要を書けば書くほど何か聞き覚えのある設定な気がしますけど……。

なんか、こういう………。
f:id:snow_moonsea:20190927025006j:plain
(すっかり当ブログのレギュラー陣と化している19世紀英文学に登場する"マッドサイエンティストの祖")

しっかり「マッドサイエンティストの祖」の血を受け継いでいる…ってことでしょうかねー(;^ω^)
ウィルは陰口で「フランケンシュタイン博士」と呼ばれてたし…(下水道の管理人から)。
snow-moonsea.hatenablog.jp

でも私、元々はマッドサイエンティスト属性が好きというわけではないのですよ。
ウィリアムの魅力は妻であるアネットさんとの関係に顕著に出るなぁ…と思っていたのに、「RE2」にリメイクされた時に彼らの性格をいじられてしまったので正直言って悲しいです。

一見サバサバしたキャリアウーマン系かと思いきや「仕事と夫が大好き!!」が窮まり過ぎて若干ヤンデレ入っているアネットさんが、そして彼女に全力の愛情を向けられるウィルが好きだったのに…( ;∀;)

18時からは「ストリート・ゾンビ」タイム!

ハロウィンの目玉イベントと言えば、ストリートゾンビタイムでしょう。私はこのイベント初体験でしたのでどんなものかと思いましたが……。

街をゾンビが歩き回っている……。

襲ってくるっていう感じもあまりしませんが威嚇はしてきます。中にはゾンビを挑発する人もいましたが(苦笑)

エリアによってゾンビの種類やテーマが違うようです。


例えば、このプリズン・ゾンビのエリアは看守と囚人ゾンビが戦っている…ように見えますが、実は看守もゾンビ。ゾンビになっても看守と囚人の戦いは続いているのです…。

他にもピエロのゾンビなどがたくさんいるサーカス・ゾンビのエリアや、ヨーロピアンな衣装を纏ったパイレーツ・ゾンビや……中にはこんな大きなにゾンビや怪物の集団もいました。

暗いのはあまり得意ではないし、暗くて道もよくわからなくなってしまっていたので、本当はもっと色々な世界観やコンセプトのゾンビの一団を眺めて楽しみたかったけど時間も遅かったので早々に諦めました。

でも基本的には、颯爽と目的があるかのように歩いていれば絡まれたり威嚇されたりすることはありません(;^ω^)
またホラー要素が全然ダメ!な人はセーフティーロードがあるのでゾンビの出現しないルートでエリア間を移動することが出来ますよ♪


だけど面白いのはこのゾンビの集団が音楽がかかると一斉にパリピダンスを踊りだす事…!
youtu.be
この曲調も最高にノリノリで楽しいんですよね。

あーーーこれは確かにハマるわ…!

遠巻きに眺めるだけだったけれど、それでも楽しかったですね(^ω^)

ハロウィンメニューも堪能。

せっかくなので、私が園内で食べた限定メニューをご紹介しますね(°▽°)
こちら、バイオハザードのアトラクションのすぐ近くにあったピザ屋さん「ルイズN.Y. ピザパーラー」内で食べたメニュー。

ドリンクの中のアイスクリームにチョコレートのミニオンとフルーツがたくさん沈んでいましてなかなか美味しい。イーブル・ミニオンシュークリームは紫イモ味。

こちらはバイオハザードのアトラクションの斜め脇にあったアイリッシュパブ「フィネガンズ・バー&グリル」で食べたメニュー。
まぁ…その、本当はシェパーズパイが食べたかったんですけど…(なんで英国料理を追いかけているのかは謎だけど、ハリポタでテンションあげすぎたかもしれない)。

ハロウィーン・マカロニ・チーズグラタンとハロウィーンホラーナイト〜ミックスベリー〜(ノンアルコールカクテル)。
パプリカの中にマカロニグラタンが詰まっている!!!結構ボリュームもあって美味しい(°▽°)

同じお店でデザートとして注文したのはこちら。アイリッシュクリームチーズブリュレ。

思ったよりすごいボリューム………付属のチョコレートソースをかけていただきます。……そのチョコレートソースの器が、チョコレートでできてるんですよねーーー!

ハロウィンとは関係ないけれど、ホテルで食べた朝食。バイキング形式。ついつい大阪名物を取ってしまいました。

さいごに

結果として想像以上に思う存分楽しんでしまった単身2日間の旅。
いやぁ、もう、本当…推しに会えてよかったです…。
次回もコラボイベントがあったら、行っちゃいますね!

一時はどうなる事かと思いましたが、良い思い出になって良かった(*'ω'*)
まだイギリス旅行記が完結していないのでぼちぼち書いていこうと思います。