海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

【M.S.F.P.】マッドサイエンティスト交友会 ~ Mad-Scientist Friendship Party

M.S.F.P.ーーそれは「マッドサイエンティストの祖」を中心とした名高い狂科学者で構成された組織の名称である。
彼らは主に文学作品を起源として名を馳せているが果たしてその実態は…。

…ということもなく、原作とサブカルなどでのイメージとの差異をネタにしたりしながら単純に各文学作品のマッドサイエンティストたちをゆるゆると交流させるクロスオーバー二次創作です。

サムネイル画像などでお目に掛ける機会が多いかもしれません。

★メンバー募集中。(訳:良き名作文学マッドサイエンティストがいたら教えて欲しい)

M.S.F.P. メンバー

M.S.F.P. 会員No,1:ヴィクター・フランケンシュタイン

ヴィクター・フランケンシュタイン
登場作品名:M・シェリー「フランケンシュタイン~或いは現代のプロメテウス」(1818年)
通称:「マッドサイエンティストの祖」
フランケンシュタイン・コンプレックスの語源となった「人造人間の父」。

致命的にメンタルが弱い天才大学生。ショックな出来事があっては気絶し、熱を出して寝込んでいる。
コミュ障なので大学で友達を一人も作れず、挙句の果てには「僕の友達は幼馴染の二人だけ」と友達になろうという誘いを断る。また、大学生なので博士号は持っていない。もともと進学前は錬金術に傾倒していたが、幼少期からの興味や母の死の経験から永遠の命や無から生命を生み出す術に執着し始める。しかし、生み出した人造人間が目覚めた時、怖くなって逃げだした。
ジュネーヴ出身の甘やかされて育ったお金持ちの残念なお坊ちゃんだが、才能だけは本物で(計算が正しければ)"17歳の時に大学に進学、19歳の時に命なきものに命を吹き込む術を身に付け、21歳の時に人造人間を作った"。

→M.S.F.P. にて
M.S.F.P. 最年少。そのため、他のメンバーには大学の教授に接するような態度で接する。
殺されると思って怪物の影にいつも怯えており、突然出くわすと気絶する事もある。怪物に名前(フランケンシュタイン)を取られることを苦々しく思っているが、名前をつけなかったお前が悪い。
メンバーで唯一、ハイドと透明人間の正体を知らない。(出版年が古いから)

M.S.F.P. 会員No,2:ヘンリー・ジキル

ヘンリー・ジキル
登場作品名:スティーヴンソン「ジキル博士とハイド氏」(1886年
通称:「二重人格者の代名詞」
モンスター小説として捉える場合、系統としては狼男の流れを汲んでいるらしい。

やや狡猾そうながら人の好い整った顔立ち、長身の50代英国紳士。様々な肩書を持つが本職は医者で、専ら医学研究に没頭している。町でも慈善家として知られている独身貴族。
謎の男に異様に固執し、かなりのお金を貢いでいるらしい…が、その謎の男は飲み薬によって変身した彼自身。変身すると自制が効かなくなり、狡猾で冷酷、すぐ暴力を振るうようになる。この二重生活を楽しむために様々な偽装工作をしている確信犯。でも面と向かっての嘘や誤魔化しは下手。
変身薬に対し薬物依存の状態になっており、やがて薬を飲まなくてもフラッシュバックのように変身するようになってしまう。

→M.S.F.P. にて
M.S.F.P. の良心…と思いきや、薬を使うもしくはフラッシュバックでの変身が日常茶飯事のトラブルメーカー。通称"ヤク厨のダメなおじさん"。
欲に塗れているが清く正しくありたいと理性で抑制している…が、我慢できなくて結局薬をキメてしまうヤク厨(薬物依存症)。でも自分を擁護するばかりでその言葉にあまり罪悪感は感じられない。外面の良いクズ。

M.S.F.P. 会員No,3:ロバート・ブラウニング

ロバート・ブラウニング
登場作品名:ジョルジュ・ランジュラン「」(1953年)
通称:「恐怖の蠅人間」
映画「蠅男の恐怖」(1958年)又はそのリメイク「ザ・フライ」(1986年)の原作。物質転送装置の開発者。
そして恐らくは「物質転送装置は死亡フラグ」のジンクスを作った人。

軍からも一目を置かれているロンドンの物理科学者。妻アンと幼い息子のハリーと共に暮らしている。
実用実験のため自ら開発中の物質転送装置の実験台になるが、何度か行ううちにハエが一匹紛れ込んだことによりハエの頭と腕を持つ怪人・ハエ男と化し、人間に戻るために妻のアンに彼の体の一部を持ったハエの捜索を探させる。
しかしハエは見つからず、最後の希望をかけた転送実験により、更に猫の耳が生えてしまった。

→M.S.F.P. にて
常識人でありM.S.F.P. の真の良心ともいえるが、皮肉屋っぽいところがある。
主にツッコミ役。

M.S.F.P. 会員No,4:グリフィン

グリフィン
登場作品名:ハーバート・ジョージ・ウェルズ透明人間
通称:「透明人間」
モンスター映画などのサングラスをかけて包帯を巻いた透明人間のイメージは彼が元ネタ。

医学、物理学を学び、透明になる薬を開発した、アルビノの白い髪と赤い目を持つ30代の科学者(計算が正しければ34歳)。
透明なのは肉体だけのため、全裸でロンドンの町を彷徨い歩いて何度も風邪をひき、元に戻りたくなってきたけど解毒剤が作れず途方に暮れている。普通の人間と接する時は全身に包帯を巻き、ゴーグルと帽子を身に付けて可視化している。
性格は傲慢で気が短く、粗暴であり、暴力事件の他、窃盗、放火、脅迫など数々のトラブルを起こす。透明で居る期間が長くなるうちにその行動はエスカレートし、ついにはナイフで人を刺したり、鉄パイプで人を殴り殺したことも。

→M.S.F.P. にて
M.S.F.P. のトラブルメーカー。ジキルおじさんと併せてヤク厨コンビ。自分に危害が加わりそうになると透明になり(全裸で)逃走する。
原作では一度透明になったら死ぬまで元に戻れなかったが、M.S.F.P. では時間の経過で元に戻る。
透明でない時も包帯を巻いている。

M.S.F.P. 会員No,5:モロー博士

登場作品名:ハーバート・ジョージ・ウェルズ「モロー博士の島」
通称:Dr.モロー
生きた動物を改造して人造人間を作る生物学者
白くふさふさとした髭の男。

→M.S.F.P. にて


M.S.F.P. 関係者

M.S.F.P.会員No,1関係者:フランケンシュタインの怪物

フランくん(仮)
(※名前はなく、悪魔、怪物、創造物(クリーチャー)等と呼称される)
登場作品名:M・シェリー「フランケンシュタイン~或いは現代のプロメテウス」(1818年)
立ち位置:ヴィクターの作った人造人間(疑似親子)
身長8フィート(2.5m)、黒い髪と白い歯に黄ばんだ肌、黄色の恐ろしい目をした醜悪な怪物。ヴィクターが死体置き場や屠殺場から集めてきた人間や動物のパーツで作られたキメラのような存在。愛情に飢えており、それ故にヴィクターを脅迫する。
文学のみならず歴史、法律も理解する頭脳を持ち、運動能力も高く、気づいたら、そばにいる。
愛読書「失楽園」の影響でヴィクターを「創造主」と呼び、ヴィクターを脅迫するために彼の身内を殺害。
ヴィクターに対する愛憎は複雑で彼を憎み脅迫するが決して傷つけはしないどころか彼に食料を提供するシーンがある。

→M.S.F.P. にて
ヴィクターに父親として愛して欲しいが距離感がうまくいかず、もどかしい思いをしている。
見た目は大きくて怖いが、賢く良識があるため、変人の多いマッドサイエンティスト集団にツッコミを入れる事も多い。
名前がないがヴィクターが名付ける事を頑なに嫌がるので、M.S.F.P. メンバーからは通称「(ヴィクターの)息子さん」もしくは「フランくん(仮)」「(自称)アダムくん」などと呼ばれている。ただしヴィクターは頑なに「怪物」と呼び、「フランケンシュタイン」の名を使われると怒るので関係はあまり良好ではない。


M.S.F.P.会員No,2関係者:エドワード・ハイド

エドワード・ハイド
登場作品名:スティーヴンソン「ジキル博士とハイド氏」(1886年
立ち位置:ジキル博士の裏アカウント。享楽を満たす為の一側面。
青白い肌、言葉では説明の難しい奇形の外見を持ち、暴力事件を起こしているらしい冷酷な謎の若い男。小柄でチビ。
気が短く攻撃的な男だが、冷静かつ狡猾な面もあり、その挙動からジキル博士を脅迫しているものと思われる…が、実際は薬で変身したジキル。チビなので突然変身した場合は服がぶかぶかの状態となり、袖は余り、裾は引きずってしまう。
なお、記憶は完全に共有しており、「体を共有する別人」というよりは「悪堕ち」に近い印象。ジキルがジキルで居る時、ハイドの時にした事は自分のしたことだとは認めないと言っているが、ハイドの時に自分がジキルであるという自覚はあるらしく、ジキルが心の奥底に隠し持っていた欲望や憎しみを自分のものとして解消しているため、あくまでも隠し持っていた別側面が表面化したもの(と解釈している)。

→M.S.F.P. にて
グリフィンと並んでM.S.F.P. のトラブルメーカー。チンピラか。
反省したのか少し大人しくなっているが、中の人(ジキル)は反省していないか、反省するポイントを間違えている。
ジキルの親友・アタスンには嫌われたくないので、素直ではないながらも彼の言う事は(ある程度)聞く。

M.S.F.P.会員No,2関係者:ガブリエル・ジョン・アタスン

ガブリエル・ジョン・アタスン
登場作品名:スティーヴンソン「ジキル博士とハイド氏」(1886年
立ち位置:ジキル博士の無二の親友。物語の進行役であり、今作の良心。
厳つい顔立ちで不愛想だが心根の優しい弁護士で、長身痩躯のスラっとした50代独身英国紳士。
親友であるジキル博士が謎の男に脅迫されていると思い、噂の謎の男エドワード・ハイドを追う。
ちなみに、あまりにジキル博士がハイド氏を庇うので「こいつら付き合っているのでは…」と勘ぐっている(参考文献:新潮文庫版の訳者あとがきにある注釈)。
「哀れなヘンリー・ジキル」というセリフは作中8回も言ったので多分口癖。

→M.S.F.P. にて
全ての真相を知っており、ジキル博士でもハイドでも「ヘンリー」と呼ぶ。保護者。
ハイドがチビなので何となく親子に見える。

M.S.F.P.会員No,3関係猫:ダンディー

ダンディーロ(たんぽぽちゃん)
登場作品名:ジョルジュ・ランジュラン「蠅」(1953年)
立ち位置:ロバートの愛猫。実験台の猫。
ロバートの家に迷い込んだ元野良の白い猫。メス。
物質転送装置のテスト中に実験台となり、原子がバラバラに散って消えてしまった。
その後、人間に戻るために何度も物質転送装置を実行したロバートに原子が混入。
蠅の頭に生えた猫の耳としてロバートの体の一部に融合された。
(名前の意味は「たんぽぽちゃん」だと思われる)

→M.S.F.P. にて
ロバートの愛猫であり、彼の一部であるかのように寄り添う。

M.S.F.P.会員No,4関係猫:透明なねこ

透明なねこ
(※名前不明)
登場作品名:ハーバート・ジョージ・ウェルズ「透明人間」
立ち位置:グリフィンの近所の老婦人の愛猫。実験台の猫。
グリフィンが初めて透明薬の生体実験に使った猫。元々は彼の猫ではなく、近所に住む老婦人の飼い猫である。
しかし色素が完全に抜けきらず、緑の目だけが空中に浮かぶ。
しばらくはグリフィンが餌をやっていたが、鳴き声がうるさいので縛り上げ、最終的には部屋から追い出した。

→M.S.F.P. にて
行き場がないのでグリフィンに餌を求めるように緑の目だけが浮かんでいる。
でも、これはねこです。ねこはそこにいます。

M.S.F.P.会員No,5関係者:ヘンリー・クラーヴァル

ヘンリー・クラーヴァル
登場作品名:M・シェリー「フランケンシュタイン~或いは現代のプロメテウス」(1818年)
立ち位置:ヴィクターの幼馴染で無二の親友。
ヴィクターくんの唯一とも言える親友。庶民出身で心優しく気配りのできる青年。
ヴィクターと同じ大学に進学した文系男子で、ヴィクターがショックで気絶して寝込んだ時などは気を利かせて一人で看病を行うなどした。空気を察して的確な言動をする能力を持っており、ヴィクターの苦悩を察して事情を問い詰めなかったので、ヴィクターが"フランケンシュタインの怪物"を生み出したことを知らない。
作中、常に精神的に追い詰められているヴィクターの心の支えとなった。

→M.S.F.P. にて
どう見てもヴィクターくんの保護者。
ヴィクターと同じくハイドと透明人間の正体を知らないが、うまくトラブルを回避しながらも「こういう人もいるんだろうな」くらいに受け止めている。ヴィクターくんより精神年齢がずっと大人。"フランケンシュタインの怪物"に遭遇する事はほとんどないけれど、原作では一度遭遇していることもあり、事情は何となく察している。