海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

【日常/ドール/ゲーム:FGO】池袋には今なおオタ女子への誘惑が多すぎる

職業訓練が始まって、職業訓練が中心の生活ももう半月が過ぎました。とはいったものの、まだ慣れないことだらけで戸惑っていますし、生活リズムもうまく回っているかというと微妙なライン。
色々と多忙な日々を送っています。

ただ、職業訓練で毎日出される宿題ラッシュはひと段落して、ブログを書く時間を充てられるのは少し自分のペースが戻って来たような気がしてほっとします(*‘ω‘ *)

失業生活の時は失業生活の時で、生活リズムを保つことができなくなって逆にブログを書く時間がなかったりしたのでまた定期的に書けるようになったらいいなと思っています。


……とはいったものの。
予想はしていたけれど池袋って誘惑が多すぎますね!!!

というわけで池袋の話をします。

f:id:snow_moonsea:20190919000733j:plain
(今回のサムネイルはヴィクターくんたちに池袋を満喫してもらった)

続きを読む

【グッズ製作】新しいオリジナルスマホケースを作りたい!

皆さま、好きなジャンルがクソマイナーでグッズなんか到底発売される見込みがない時、もしくは欲しいデザインがないとき、はたまた自分のオリジナルキャラクターのグッズが欲しい時……どうしていますか?

自分で絵を描くor画像を編集する技術やデータ入稿の知識が必要だけど……自分で作るっていう方法もハマるとなかなか乙なものです(*'ω'*)

ちなみに、こちらが前作のスマホケース。
f:id:snow_moonsea:20190223012318j:plain
描くのはしんどいけどデザイン考えるのは楽しいですよ!笑

続きを読む

【就職活動】元社畜、職業訓練校に通う。~アラサー女子の人生最後?のスクールライフ~

ずっと旅行記を描き続けているので休憩も兼ねて今の私の環境の話でも書こうと思います。

直接的に誰かの役に立つとは思いませんが、職業訓練という選択肢を知らない誰かの目に選択肢の一つとして目に入ってほしい」という気持ちもありますし、「現在の職業訓練校ってこんな感じだよ!」という検討の手掛かりになればいいかなって思っています。

先日、なかなか定職に着けない友人にも選択肢の一つとして紹介したけど、これが彼女の助けになるといいな。

f:id:snow_moonsea:20190909023244j:plain

ちなみに、【就職活動】記事のサムネイルで描いている彼の名前は「グレゴール・ザムザ」。フランツ・カフカ著『変身』の主人公。蟲の方が本体。
私はこの作品を「親の借金を返すために辞めることが出来ないブラック企業にお勤めのよく訓練された社畜…だったけど、ついに心の病気で働けなくなってしまった」と解釈しているので、彼は社畜の象徴。
そして黒に近いグレーの会社で突然辞める決心がつくまで7年間耐えてしまった「よく訓練された社畜」である私の象徴として彼を描いています。

彼もきっと転職という選択肢があったなら、「家族を養う真面目な長男」から「家族の厄介者」になってしまう悲しい結末から逃れられたんじゃないかと思っています。

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

続きを読む

【観光】出雲ゆるゆる寝台特急旅・3日目/ サンライズ出雲で松江まで 8月29日

出雲大社ホワイト企業とのご縁を祈願する旅、二日目。

snow-moonsea.hatenablog.jp

続きを読む

【観光】出雲ゆるゆる寝台特急旅・1日&2日目/ サンライズ出雲で松江まで 8月27~28日

7年も会社を私物化する社長の元で安い給料でこき使われてきた私。
一大蜂起して仕事を辞めたので、今度はホワイト企業とのご縁にあやかりたい…

そんな気持ちから出雲大社へのお参りを志し、寝台特急に申し込んでみたゆるゆる旅(°▽°)

続きを読む

【転職活動】元社畜、足を止めることなかれ

失業者という身分もようやく板についてきたというか、徐々に前職の事を忘れていっている気がしてやっとほっとしてきたところ。

職業訓練をどうするか…の話の続編です。

f:id:snow_moonsea:20190826042857j:plain

続きを読む

【観光/文学考察】英国一人旅 9 / 『ジキル博士とハイド氏』のソーホー:ソーホーが舞台に選ばれた理由を考察する・5月24日

パワハラで落ち込んだ自尊心を癒す為、転職活動前に訪れたイギリス一人旅。添乗員付きとはいえ、初めての一人旅…ならば推し英文学聖地巡礼をしようじゃないか!という事でフリータイムは聖地巡礼に全フリしてきました!

旅行記2日目が終了したので(2日目だけで7記事に分かれてしまったの本当に半端ない…)、二か所目の聖地「ソーホー」の話をしようかと思います。

一か所目の聖地「コヴェントガーデン」はH・G・ウェルズ著『透明人間』の中で訪れるたくさんの場所の中の一つって感じでしたけど、「ソーホー」はR・L・スティーヴンソン著『ジキル博士とハイド氏』の中でも重要な場所のようなので独立記事にした次第です。


先に言っておきますが、謎の男エドワード・ハイドの正体などの致命的なネタバレをしますのでそのつもりでお願いします(いうだけ無駄だと思うけど…)

f:id:snow_moonsea:20190818073811j:plain
そして今回のサムネイル、構図的に「魔法ジジィ★エドワード・ハイド(50)」って感じになってしまったけど、うん、なんかごめん…。

続きを読む