海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

観光予定メモ フランケンシュタインとテムズ川クルーズ編

ロンドンに流れるテムズ川
アサシンクリードシンジケートでテムズ川をと思った時はその底の見えない茶色い濁った水に「きっ、汚…!!」と思ったものです。
でも主人公姉弟は、町の平和を守り任務を遂行するためなら躊躇なの川に飛び込んで見せる……アサシンのプロ意識凄い。

調べてみると、産業革命を迎えた19世紀後、テムズ川は環境汚染で最高に汚かったそうな。
当時のロンドンはテムズ川を使って海から内陸への運搬を行う港町の役割も担っていたそうですが…「大悪臭」と呼ばれるほどのひどい臭いの川…ううーん、こんなところ飛び込みたくない……。


ロンドン観光のヒントやオプションツアーなどを見ると「テムズ川クルーズ ディナー付き」などの文字をちらほら見かけます。

アサシンクリードの茶色というか灰色というか褐色の川の水を思い出しながら)
「えっあの川の上で食事を…??」と思ってしまったのですが、調べてみたら現在は環境整備で浄化に成功していて、都市を流れる川としてはかなり綺麗な川になったらしい。
イメージとしては東京湾みたいな感じなのかも。


今回のロンドン旅行の大事なキーワードの一つに『フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』がありますが…一応おさらいも兼ねて。

現在よくイメージされている四角い頭にボルトが刺さった継ぎ接ぎだらけの怪物をフランケンシュタインと思っていらっしゃるなら、それは今忘れてください(╹◡╹)
(これはユニバーサルスタジオジャパンにいたフランケンシュタイン

フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』は1818年のイギリス文学で、当時まだ10代の女流作家メアリー・シェリー女史の処女作です。読めば読むほど深みがあるので、200年経っても世界中で愛され続けているのも当然…だと思いますが、残念ながら私も原作を読むまで、30代くらいの狂気の科学者が生みだしたボルトが刺さってる継ぎ接ぎだらけの怪物が風車小屋で焼け死ぬ胸糞な話だと思ってました。

けど、実際は天才大学生のヴィクター・フランケンシュタインが人造人間を作ってしまい、怖くなって逃げ出してしまった事から始まるホラーで、でもヴィクターのあずかり知らぬところで滅茶苦茶に賢く育った人造人間が「誰にも愛されず、我が創造主もおれを拒絶するなら自分を愛してくれる花嫁作ってくれ」と要求してくる…という物語。
個人的にはこのヴィクター・フランケンシュタインが自分の天才的な能力に全く精神が追いついておらず、追い詰められて苦悩して誰にも相談できず抱え込んで苦しんでしまう姿が、あまりに情けなくて可哀想で可愛いと思っております(°▽°)

そう、そして彼が近代SF小説におけるマッドサイエンティストの祖と呼ばれる天才大学生なのです。ヘタレですが。


ヴィクターくんが人造人間(名前なんてない)に花嫁を作るように脅迫された後、家族を巻き込むわけにはいかないと友人のクラーヴァルを連れてイギリスに旅に出ます。
その時に使ったルートが、馬車で陸路→船で海路→テムズ川を通って船の上から各地を眺め、ロンドンの中心部に滞在する…というもの。

今作を通して知り合った友人がこのイギリス旅行のシーンが大好きだと言っていたのでしげしげと眺めると、人造人間に脅迫されてることを思い出してはテンション撃下がりのヴィクターくんを励ますように話しかける友人クラーヴァルとの人間関係が浮き彫りになりますね。
私はクラーヴァルとのやりとりでは、人造人間が目覚めた時の恐怖で寝込み、学校に行けなくなっていたヴィクターくんが久々に大学に行った時の教授と会話するシーンがお気に入りなのですが…。

どちらのクラーヴァルも、ヴィクターくんのことを気遣って気を利かせて何でもしれてくれるけど、ヴィクターくんの悩みには一切触れないし「話してくれるのを待ってる」んですよね。
結局、その日は来ないけど…。


そんなヴィクターくんとクラーヴァルがロンドン周辺の観光地を眺めるのはテムズ川の船の上。
ヴィクターくんの生きた時代は、設定上では1700年代なのでまだテムズ川は綺麗だったはず。きっと今テムズ川をクルーズしたら、ヴィクターくんの見た景色に近いものが見られるかもしれません。街は当然変わっているでしょうけど、テムズ川から見るロンドン塔やセントポール大聖堂なら、きっと同じ。

テムズ川のクルーズも催行会社によって色々な種類があるようで、前述のお食事付きプランの他にオーディオガイド付きの観光客向けのクルーズ、地元の人は水上バスを使うらしいです。

私が申し込んだのは観光客向けのクルーズ。
流石に時間的な問題で、現在のクルーズ経路の最東に位置するグリニッジから出発することはできなかったので、もう少し西のロンドン塔からビッグベンまで。
この船旅でヴィクターくんの見た景色を体験できますように。

観光予定メモ ブループラークとジョンミルトン先生のお墓参り編

計画を練る時に知ったのですが文学旅と一言で言っても色々とやる方法はあるようで、私はどうするか迷いましたね。

結局私は物語に登場する場所を実際に訪れることにしたのですが、やり方としては「ブループラーク」などの記念碑を追いかける方法もあるそうです。
ブループラークとは著名人、作家などの所縁の地につけられている記念プレートのこと。青くてマンホールみたいな形をしていて、多くは建物の壁に貼ってあるみたい。

例えば、ロバート・ルイス・スティーヴンソン氏のブループラークは彼が作家活動をしていたエディンバラにあるそうです。彼は晩年、体調改善のためにイギリスを離れて南の島で暮らしたそうですが……都会の暮らしに疲れてしまったのかもしれないなぁと何となく感想。
元々『ジキル博士とハイド氏』は彼が悪夢に魘された後で取り憑かれたように書き上げた一作で、確かに象徴されているものと当時の社会の様子を読み比べてみると社会風刺っぽい話(いくら取り繕っていても皆何かしらの悪意は持っていて、自分の中のそれに気づかないフリをして生活しているだけだ…みたいな感じでしょうか)ですし、「人間関係に疲れたのかなぁ…」と勝手に想像してしまいます。
エディンバラも栄えた町だそうなので。


ブループラークや記念碑の場所はネットで調べることができますが、『フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』のメアリー・シェリーの記念碑で、なおかつロンドンから行けそうで観光地も近くにある範囲はバース。
でもバースも行って帰ってくるだけで一日費やしてしまうような観光地です。

バース…つまり、バス。風呂。
ローマの風呂の遺跡があるそうで、その周辺は観光地として賑わっているみたい。
でも今回の目的とそれてしまうし、せっかくロンドンに宿泊しているのに記念碑を見に行くためだけに貴重な自由行動を片道1時間半〜2時間のバス旅にしてしまうのもなんか勿体無く感じて、諦めたのでした。


今回の旅で唯一絶対行きたいリストに入っているのはジョン・ミルトンの記念碑。
ジョン・ミルトンは『失楽園』の作者。

ブループラークを調べている時、彼の墓地がロンドンにある事、またその近くに彼の生誕した教会があってそこにブループラークがある事がわかったのでそこには行ってみたいと思っています。場所もセントポール大聖堂のすぐ近くで、観光しやすそうなので^_^

失楽園』は私にとってとても大切な作品で、全ての始まりでした。
美術書の中に出てきた『失楽園』という作品名からたどって、高校生の時に初めて出会った叙事詩
これがあったから『失楽園』の例え話や描写で多用されている古代ギリシャの世界観にハマり、古代ギリシャ好きの友人と長きに渡る付き合いをさせてもらっていて、そこで出会った友人に10年後に勧められたのが『フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』なのです。彼女と仲良くなったのも『失楽園』を読んだことがある、という事から話が弾んだからだったり、『フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』にも物語の象徴的として引用が多用されている。

私にとって『失楽園』は私の人生に大きく影響する作品なのです。
だからこそジョン・ミルトン先生のお墓参りには行きたい。感謝を伝えたくて。

「夢は夢のままでいいかも…でも夢を叶えるチャンスがあるなら、叶えるでしょう?」と思って参加した去年のギリシャ旅行にも私と古代ギリシャを結びつけた大切な作品として『失楽園』の上巻をバッグに忍ばせていきました。
もちろん今回も^_^

もし次回があるなら、ミルトン先生の生まれた家も見学してみたい(見学できる期間は決まっているらしい)。


ブループラーク巡りも散歩をしながら集めるのはなかなか面白そうですが、今回は優先事項ではありません。
でもせっかくだから、見かけたら注意深くみてみるのもいいな。

ロンドンで行きたい所 リージェンツパークとソーホー編

割と行く場所を決め始めて早い時期に、「リージェンツパーク」と「ソーホー」は絶対に行くリストに上がっていました。

この二つのスポットは、ロバート・ルイス・スティーヴンソン『ジキル博士とハイド氏』に登場する地名で、物語のキーになる出来事が起こる場所だからです。


物語の中に出てくるソーホーは歓楽街ですが、暗くていかがわしい雰囲気の、いかにも治安が悪そうな場所。
ここにハイドの隠れ家があって、物語の導き手であるガブリエル・ジョン・アタスンが警察と一緒に家宅捜索をしたところ、燃やされた小切手や、ハイドが議員を殴り殺した時に折れた杖を発見します。
しかもこの杖、アタスンがジキルおじさんへのプレゼントだったものなんですよね。なんてエモい。。。

ちなみに、一応訂正しておきますが、ハイドが殺したのはこの議員だけです。
少女を踏み倒した事件もありましたが、何となく染み付いているシリアルキラーのイメージは映画化された時にジャックザリッパーのイメージがつけられたからみたいですね。その時のハイドの名前はジャック・ハイドというそうですが。(原作はエドワード・ハイド)
また二重人格モノの代名詞扱いをされている作品ですが、原作ではあまりハイドは独立した一人格というわけではないので、ジキおじの時もハイドの時も感覚や記憶は共有しています。自作の薬を飲むと不気味でチビな若者に変身できるおじさんが昼は慈善活動、夜はヤクをキメて大暴れする話です。
(我ながら酷い解説…)


リージェンツパークはもう少し先の時系列で登場します。
ハイドが失踪し、ジキルおじさんが慈善活動に精を出すようになって平和が続いたある日、リージェンツパークのベンチで日向ぼっこをしていたジキルおじさんが自惚れに浸っていると突然ハイドの姿に変わってしまい「えっ何で!!!??薬はもうやめたのに!!?!?」とパニックになるシーンですね。
いや、それね、薬物依存症のフラッシュバックって言うんですよおじさん…。

リージェンツパークはメリルボーン地区の近くにある大きな公園で、メリルボーン地区は高級住宅街だったのだそう。


明石書店『ロンドンを旅する60章』に「41章 大英帝国の光と影 ージキルとハイドのロンドン」という項目がありますが、このコラムではこの2つの場所を対比して解説しているのでなかなか面白かったです。


現在のソーホーも歓楽街だそうですが、何となく新宿歌舞伎町とかのイメージなのかしら?と勝手に想像しています。近くにチャイナタウンもあるようなので…横浜中華街を足して二で割った感じかしら?
5月24日は別途申し込みした現地ツアーで、夜のソーホーを歩き夕食を食べるそうなのでワクワクしていますが、ハイドが隠れていた何となく薄気味悪くて小汚いイメージは現在にはないのではないかと考えてます。

リージェンツパークはその中にあるクイーンメアリーズローズガーデンがもしかしたら咲いているかもしれないのでそこへ行ってみるつもりです。
リージェンツパークは演劇が行なわれることもあると聞いているので、何となく代々木公園を想像しています。
朝早く行って、シートを広げてみたり、ベンチで日向ぼっこしたりしたいです(^^)
130年前よりは、やっぱり少し違う景色なのでしょうけれど…。


23日、ロンドンに到着して驚いたのはその日の長さ。9時半になっても明るいんだもの。

緯度が高いせいなのでしょうけれど、なんだか不思議な世界…

5月23日の記録

5月23日午前6時頃。
あぁー、やっぱりな〜
と思いながらのろのろと起き上がりました。一睡もすることができなかったんだもの。

私は不眠症になりやすい体質らしく、ちょくちょく手のつけられない不眠症が数週間〜一か月続く。眠れない事が焦りとなって、余計に寝付けないものです。
ましてや、今日は大事な出国だっていうのに。

そう、今日は初めて海外への1人旅(添乗員付き)。両親がやや過干渉気味の超超超過保護で、国内旅行だって1人で行かせてはもらえなかったのに、大きな前進です。

黒に近いグレーの会社を辞める事を決意して、大阪旅行の予約をしに旅行会社に行った時たまたま目に入った「お一人様ヨーロッパ旅行」の文字がきっかけで、選んだのは「イギリス・ロンドン6日間の旅」。
考えてみたら、今まで国内旅行は私が幹事をする事も多々あったけど、海外旅行についてはいつもお友達に任せっきりでした。

国自体の事を知らない事も多かったし、元々私はプランニング…特に時間の逆算が大大大苦手!(・Д・)


私はADHD持ちです。お陰で子供の頃から不注意だと怒鳴られたり落し物は多いし、不眠症にも悩まされてました。まぁ困る事も色々あるけど、自分なりに「強烈な個性」「人より苦手な分野の失敗率が高いだけ」だと受け止めて、月に2回会うカウンセラーさんと相談しながら、自分らしい生き方を模索しています。

(*゚▽゚)ノ 原因は同じでも症状やどんな振る舞いとして出るのかは個性があるのでADHDはこういうものだ、とも言えないのです。だから今まで当事者の実録のお話を読んだり「診断は受けてないけど若干傾向を持ってそう」という人を含めて話をしたり、それなりにしたのだけれど「あぁっそれ私もそれと全く同じ!!」というタイプが同じADHD所持者さんは1人しか会った事がないんです。年齢や趣味や興味や現在の家庭環境も全然違うけれど、ADHD特有の短所も長所もバッチリ同じでした。ADHD所持者の「長所になりやすいもの」ってありますが、私も彼女もいつもの仕事に関連する知識の範囲が凄く広いのにそれを自覚してない事とか。
お陰で黒に近いグレー企業には給料変わらず色々な基本業務を逸脱する仕事を散々やらされてしまいましたが…でもまぁ、終わった事です。50ページものマニュアルを作って差し上げて残していきましたが、きっと私がいなくなって自社ホームページの更新も苦心していらっしゃる事でしょう…。
あのグレーな会社で、同じ症状を持つ彼女が居たから救われた部分も大きい。またお話したいな。


とまぁ、不眠症になりやすいのもADHD所持者だからと先生に言われていますが、あんまり睡眠薬も合う薬が見つからなくて常々困っています。一度不眠症になると、体内電池切れの限界まで一睡もできず、数日後体内電池が切れた途端に15時間ほど何をやっても起きない超過眠になるパターンや、数時間で目が覚めて寝られない日が延々と続くパターンが多い。

果たしてツアー、集合時刻大丈夫か?(T_T)


今回の旅行の目的は「擬似的に色々と死ぬため」。
あまり良い環境ではない会社で7年も勤めてしまい、年齢的にも一つの区切りかなという所でもありますし、「人生のリセットボタンが必要」だと思ったため。
普通の言い方で言うなら「気持ちを切り替えるため」だけど、もう少し強烈な感じで。

私は古代ギリシャを愛しているのであえて「カタバシス」と呼びます。
地下(死者の国)へ降りる行為。地上(生者の世界)へ戻る行為は「行って帰ってくる物語」。行って帰って来る物語は英雄譚などの骨組みであり、例えば桃太郎、浦島太郎、舌切り雀、失楽園もそう。行き先は異世界なので、天国にしても地獄にしても死者の世界。
そこから戻って来る時に、英雄は成長したり何かを失ったりする。
冥界に行って地上に戻る行為が死と再生(特に植物の)に例えられたりもする。

私も英雄たちに倣って、私のいつも暮らしている世界から別の世界へ飛び、死と再生のうちに戻ってきたいと考えている。

辛くしんどい断捨離を3週間も繰り返し、ようやく部屋もまた新しいものを買っても対応できるようになりました。

来世で、会いましょう。


そうは言いましてもね。
今回のツアーには自由行動の日が含まれているのでただ現世最期の日を待っているわけにもいなかったのです。
これ、かなり大きな冒険。

だってノープランでその時の気分で行けるほど私は旅慣れしていないし、英語は取得しようと頑張ったけどいつも成績表は平均以下をし示していた!_(:3 」∠)_
映画にハマった時、日本語圏で見ることの出来ない番外編のBlu-rayを手に入れる方法を模索して手に入れ、英語の字幕をノートに書き写して翻訳してたこともありましたが…。
それで読むのは時間かけたり辞書を引いたりすればなんとかできるようになりましたけれど、会話は全然…。

(°▽°) 北米版のBlu-rayって日本のBlu-rayプレイヤーで見られるんですよ!リージョンコードっていう規格が同じなのです)


この1ヶ月間、私は猛烈にイギリスの勉強をしました!
なんだか、研究発表会にでも行く気分。

無印で買ったノートをマスキングテープやシールでデコしたノートを旅行ノートにして、行きたいところの候補を挙げて絞る段階からガンガン書いていきました。

そして自ずとこの旅のサブ目的が見えてきたのです。
「文学旅にしよう」、と(・ω・)

グーグルマップのマイマップ機能で場所を書き込み、営業時間を書き込んでいくと行ける順番も消去法や場所を視覚的に見る事でだんだんわかってくる。
現地でGPSを使う事は出来ても、電車の乗り方やバスやタクシーのルールは日本と違うから知識を叩き込む必要がある。
そこらへんはイギリス版Suicaとも言えるオイスターカードがあったりして、日本にある近いルールと結びつけることができてよかったですが。

言語の問題は、日本にいる間にパソコンでチケットを買ってしまったり、夕食は先にパブを予約してメニューをダウンロード、手で翻訳してメニューを先に決めてしまう事で対処しました。
だってメニュー渡されても読めないし、「エールパイ」とか「シェパーズパイ」とか分からないもの(-_-)

また、ルートは全部調べて乗り換えもなんとか出来そうなレベルまで落とし込み、使いそうな英語は大きな文字でノートに書いて口で伝わらなかったら文字を指し示して伝える作戦!(`・ω・´)

これがどの程度役に立つかは分からないのですけれどね。

スリや落し物に注意!ということで私のカバンはカラビナにチェーンやスプリングコードをつけたもので貴重品を全部繋いでいるので多分落し物は無いと思います。
ここまでやってスリに遇ったら、そりゃあ運が悪かったとしか言えないですね。


今回は初めて東京モノレールを使うルートを選んだのですが、海の上を電車で走っている風景もなかなか美しくていいですね。
いやしかし、通勤ラッシュの時間に当たったかな…失敗したな…リムジンバスにすればよかったな…と思いましたがラッシュより早い時間帯だったようで意外と余裕があってよかった。

とはいえ、こういう遅刻しちゃまずい時は自己暗示で待ち合わせ時刻を誤って覚えさせ、遅刻しても集合時刻の10分前には無事到着するよう努めていますが、それでも出来ない時はある…
今回は1時間誤認して自分に覚えさせたのはいいのですが結局一睡もできなかったせいでサクサク準備をしてしまい…自己暗示の通り、到着したのは集合時刻の1時間前。

でもそのおかげで色々と落ち着いていたので良しとしましょう。
去年ギリシャ旅行に出たことが大きいようで、搭乗口でも手荷物検査でも割とビビらずに済んでいた事に自分の成長を噛み締めてます。

偉いー!ちゃんと一人でできたじゃない!
誰も褒めてくれないから褒めるー!


今回の旅はJALなんですが、その分色々と気が楽ですね。前回のギリシャはルフトハンザ、ミュンヘン乗り換え。帰りの飛行機は悪天候で酷い目にあったのが記憶に新しいですが…
日本の航空会社なだけあって色々なものが日本人向けなので快適です(^^) ご飯もとても美味しかった…(デザートはJAL限定チーズタルト味のハーゲンダッツ。。。)
日本人向けの味付けなのかもしれませんね。

ただ、困ったのは私の不眠症が想像以上にしぶとくて…睡眠薬を飲んだのに薬効の3時間でピッタリ目が覚めて、口の中が副作用で苦ぁ〜…。
普通はその3時間で入眠してそのまま朝までぐっすりのはずですが…体に合わないのかもしれないですね…ふむ。


現地に着いたら最初のミッション、「駅まで行って飲み物とオイスターカードを買う事」が用意されているから、もう少し寝ておきたいんだけどなぁ〜なんて思っていたんですがねぇ。

ドールをお供にいざ出国です

さて、いよいよ卓上旅行を現実のものとする日がやってきました。

海外へは4回目だけれど、いずれも修学旅行だったり友達と一緒にツアーに参加したりしたから、一人で海外旅行をするのは初めて。

添乗員付きのツアーを選んだのでハードルは低いのですが。でも私、英語全然わかりませんので、これくらいハードル低くないと無理ですね。
けれど、もしも今回の旅が最高だったら、今度は添乗員なしのフリープランで行くかもしれません。だって、現地ツアーに参加したいもの(^^)


さて、ブログの更新が止まっていた間何をしていたかと言いますと…

ひたすら自由行動のスケジュールと行くための知識を叩き込み……


ひたすらドール作ってました(`・ω・´)


当ブログはこれまでマッドサイエンティストの祖といわれるヴィクター・フランケンシュタインを筆頭に、ゴシック文学の初期マッドサイエンティストを愛でてきたわけですが…

彼らの所縁の地に行ってしまうのです。
そのお供に、彼らを模したドールを作っていたというわけです^_^



彼らの紹介は、また後ほど。

私は元々入眠障害が酷いので出国の日も全く寝付けず、ほとんど無睡の状態です。

飛行機の中ではいっぱい寝るぞー!

関連記事

ちょっとこれからロンドンに行ってきます

ちょっとこれからリアルロンドンに聖地巡礼の旅に行ってきます。(・ω・)

スムーズにいけばこれだけの聖地巡礼が出来るはず……
f:id:snow_moonsea:20190523011633j:plain

f:id:snow_moonsea:20190523011626j:plain

ブログの更新も滞っておりますが、ひとまずこれで一度目の人生が終わり。
新しい人生に向けて一度(色々な意味で)死んでこようと思います。

では皆さま、しばしの別れ。
また来世でお会いしましょう!(5月末頃の予定)

関連記事

【イラスト/パロディ】ヘンリー・ジキルと謎のプリンス の奇妙な事件 〜 ホグワーツ魔法学校のマッドサイエンティスト2

ユニバーサルスタジオジャパンでのハリポタ熱の余韻パート2。英文学繋がりでヘンリー・ジキルおじさんをホグワーツに入れました(╹◡╹)

…でも50歳のアラフィフをホグワーツに入れるのもあれなので、年齢をちょっといじりました。35年くらい。

そういう遊びです(*^o^*)

続きを読む