海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

イラスト

【観光】英国一人旅 5 / ロンドン散歩・コヴェントガーデンを目指して 5月24日・午後編3

人生をやり直すための、初1人日本脱出。 文学オタク(サブカル的に愛する的な意味で)である私、友人の勧めもあってロンドンで文学聖地巡礼をする事にしたのでありました。ようやく2日目の午後の中盤…です(苦笑さて、前回までのお話。 snow-moonsea.hatenab…

【転職活動】元社畜、職業訓練に行きたい。

今月度2回目の就職活動をしたので、書いておこうと思います。今回の話の根幹は「職業訓練」です(*'ω'*) 例によって就活話題のサムネイルは「表紙を開いた時には既に手遅れで働けなくなっているブラック企業の社畜・グレゴール兄さん」です。グレゴール兄さん…

【観光】英国一人旅 4 / 忙しい人の為の大英博物館 5月24日・午後編2

人生をやり直すため、初めて1人で海外へ飛び、英文学聖地巡礼をすることにした私のなんか超長い旅行記。さて、前回までのお話… snow-moonsea.hatenablog.jpロンドン市内周遊ツアーの行程をこなし、ホテルで昼食にアフタヌーンティーを楽しみました。 これが…

【転職活動】社畜よ、大志を抱け。

私の日常ですがもしかしたら誰かの希望や参考になるかもしれないので書き残しておこうかと思います。 当ブログの就活関連のイメージキャラクターはグレゴール兄さん(フランツ・カフカ『変身』の主人公、グレゴール・ザムザ)です(*'ω'*)先日、初めての失業…

【観光】英国一人旅 3 / 英国式アフタヌーンティー! 5月24日・午後編1

人生をリセットするための初めての文学聖地巡礼一人旅、二日目、午後編。 写真の枚数や書くことが多すぎて色々と滞っておりますが、出来るだけ細かい情報を残しておきたいのでぼちぼち進めていこうと思っています。さて、前回までのお話… snow-moonsea.haten…

【観光】英国一人旅 2 / ロンドン市内観光バスツアー(前編) 5月24日

人生をリセットするための初めての文学聖地巡礼一人旅、二日目…。5月末、20時になっても日の沈まない街、ロンドンで迎えた最初の朝。 長くなってしまったので前編です。

【観光】英国一人旅 1 / 旅立ち、そして20時でも日の沈まない世界へ 5月23日

私が一人旅をしようと思ったのは、黒に限りなく近いグレーの会社を辞め、そこから新しい人生を歩むためのターニングポイントにするため…そして 英文学聖地巡礼をするためだ!!!!それこそめっちゃくちゃに準備を重ね、いよいよ訪れた出国の日。…早かったよ…

【観光】英国一人旅 0 / 準備~前日の、そわそわ 5月22日

私が一人旅をしようと思ったのは、黒に限りなく近いグレーの会社を辞め、そこから新しい人生を歩むためのターニングポイントにするため…でした。古代ギリシャ好きとしてはそれをあえて「カタバシス(冥界下り)」と呼びたい。冥界へ降りる行為は死そのもので…

ちょっとこれからロンドンに行ってきます

ちょっとこれからリアルロンドンに聖地巡礼の旅に行ってきます。(・ω・)スムーズにいけばこれだけの聖地巡礼が出来るはず…… ブログの更新も滞っておりますが、ひとまずこれで一度目の人生が終わり。 新しい人生に向けて一度(色々な意味で)死んでこようと思…

【イラスト/パロディ】ヘンリー・ジキルと謎のプリンス の奇妙な事件 〜 ホグワーツ魔法学校のマッドサイエンティスト2

ユニバーサルスタジオジャパンでのハリポタ熱の余韻パート2。英文学繋がりでヘンリー・ジキルおじさんをホグワーツに入れました(╹◡╹)…でも50歳のアラフィフをホグワーツに入れるのもあれなので、年齢をちょっといじりました。35年くらい。そういう遊びです…

【イラスト/パロディ】ヴィクター・フランケンシュタインと賢者の石:或いは現代のプロメテウス 〜 ホグワーツ魔法学校のマッドサイエンティスト1

ユニバーサルスタジオジャパンでのハリポタ熱が収まらなかったので、「英文学繋がりでヴィクターくんをホグワーツに入れたらどうか」という遊びをしてみました(*・ω・*)

【観光】一泊二日大阪旅(前編) / ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

4月10日の話になりますが、初めての大阪観光に行ってきました(*^_^*) といっても、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと大阪城に行っただけですが…やたらと写真を撮ったのでまとめてみようと思います。そういえば、新幹線で遠出をすることもずいぶんと久し…

【雑記】黒に限りなく近いグレーの会社で「目が覚める」チャンスは逃してはいけないのだと思う

会社を辞めました。…いや、ようやく、辞められました。 最後は鎮痛剤と抗鬱剤を服用しながら「嫌だ嫌だ」と言いながら出社していました。 目が覚めてから、客観的に見られるようになって「いやそれおかしい」と言う事が段々とわかってくるようになったからで…

【卓上旅行 2】もしも海外へ一人旅に出るのなら、どこの国で何をしたい?

私、卓上旅行が今一番の娯楽です。 でも多分この卓上旅行、きっと私は数か月後に現実のものとするでしょう…いや、そうしなければならないのです、自己肯定力向上のために!(*‘ω‘ *) …という目的意識がつき始めました。目まぐるしく過ぎていく日々に、なかな…

【雑記/読書】一般化していく物語、代名詞化していく登場人物

きっかけは『バイオハザード』なんだけれど、「一般化していく物語と代名詞化していく登場人物」ということでちょっと思う所書いていきたいと思います。何らかの研究書や論文を基にしているわけでもなく、ただ私がぼんやり考えたことをつらつら書くだけです…

【グッズ】オリジナルスマホケース:ジキル博士とハイド氏

自分用に自分のスマホケースをデザインしてみました(*‘ω‘ *) スマホケースを作るのは初めてではないけれど、今回は色数も多く学びが多かったと思います。今回のモチーフはロバート・ルイス・スティーヴンソンの『ジキル博士とハイド氏』です。

【読書考察/ゲーム:ACシンジケート】ジキルおじさんやグリフィンの歩いたであろう時代のロンドンを歩く:アサシンクリ―ドシンジケート

『アサシンクリードシンジケート』の舞台は1868年のロンドン。 古代エジプトが舞台である『アサシンクリードオリジンズ』であまりにも緻密な時代考証に驚かされたので、専ら当時の雰囲気を知るための資料として購入したタイトルです(*‘ω‘ *)ビッグベン等の象…

【M.S.F.P.】バレンタインポストでレアなチョコが送られてきた。

2月上旬になると流行するツイッターの遊び、バレンタインポスト。 フォロワーさんから「フランケンチョコ」を頂いたので拙宅ヴィクターくんにあげました。

【ドール/読書】オビツ11身長調整キット:手乗り「ジキル博士とハイド氏」の世界制作序章…?

カスタムドールで味わうフランケンシュタインごっこ…再び(`・ω・´)+今回は上級者向けな内容です。上級者向け、って技術の話ではなく、「解体して繋ぎ合わせる」が絵的に無理かそうじゃないかの話です。 メインは「オビツ11身長調整キット」の使用レポ…かな…

【映画】「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を観てファンタジーについて考えていた

もう観てから大分日にちが経ってしまいましたが…新作のハリー・ポッターワールドシリーズのファンタスティック・ビースト2作目、映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を観てきました(*‘ω‘ *) 例によってIMAX3Dですがとても面白かったで…

【今週のお題】初夢とおみくじ考察をしながら今年の抱負について考えてみる

今週のお題「2019年の抱負」…ということで今年の抱負、考えてみようと思います。私がいつも抱負を考える時は初詣で引いたおみくじを参考にする事が多いので今日はちょっとその話を。 それから、初夢がちょっと魘されたのでその話も少ししようと思います。 今…

【ゲーム:TRPG】元旦からクトゥルフ:ヤバめの医学生、人魚の製造に心をときめかせる

あけましておめでとうございます、クトゥルフ初心者です。 TRPG本なしでのお試しプレイを除くと第3回目のクトゥルフ体験。コマとして動かしているキャラクターの個性もだんだんわかってきて、初心者なりに楽しんでいます。そして年末年始休暇中という事で元…

【映画】「ナショナル・シアター・ライヴ :フランケンシュタイン」はフランケンシュタインと怪物しかいない世界のように見えた

いい加減、仕事が始まる前にこれを書かなければならないと思いましたので書かせていただこうと思います。 2018年はメアリー・シェリー著『フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』の出版200周年。2019年は201周年というわけです。 というわけで色…

【日常】2019年を迎えて

あけましておめでとうございます。 このような辺鄙なブログに足を運んでいただきありがとうございます。今年も宜しくお願い致します。 今年も古代ギリシャでゴシック文学でドールで映画な一年を送りつつ、新しい出会いも大切にしていきたいなと思います(*^▽^…

【日常/読書】フランケンシュタインオフ2018 in シネ・リーブル池袋 & BAR 十誡

先日、ひょんなことから「フランケンシュタインオフ」をすることになりました(*‘ω‘ *)「何そのパワーワード…!」と友人に言われたりもしましたが、「フランケンシュタイン」繋がりのフォロワーさんと映画を見てコンセプトカクテルを飲むオフ会です。オフ会の…

【読書】エドワード・ハイドと"ヒポクラテスの誓い":「ジキル博士とハイド氏」考察

ちょっと思う所あって「ジキル博士とハイド氏」の読みなおしや検証をじわじわ進めているのですが…。ヘイスティ・ラニヨンがガブリエル・ジョン・アタスンに宛てた手紙の中に登場するエドワード・ハイドの台詞で気づいた事があったのでまとめてみたいと思いま…

【読書/考察】ヘンリー・ジキル博士を裁判にかけたい:「ジキル博士とハイド氏」の真の探偵はアタスンではなく俺たち…か?

どうしても納得がいかない、頭にひっかかる事があって、3冊の翻訳を読み比べてしまった「ジキル博士とハイド氏」。 その結果、一つの仮説を思いついてしまったのでちょっとまとめようかなと思います。 この違和感…単純に私の読解力がないだけだと思っていた…

【読書】原文編 / アタスンおじ様が本文中、「哀れなヘンリー・ジキル」と呟いた回数を原文で数えてみた

「ジキル博士とハイド氏」の読者の目線…進行役、弁護士のガブリエル・ジョン・アタスンおじ様。 アタスンおじ様はなぜか(翻訳の)本文中で「哀れなヘンリー・ジキル」と親友を哀れみまくる。やたらと目につく。一体何回言ってるんだよ。というわけで、数を…

【読書】原書をコーヒー豆に例えたら、コーヒー豆を眺めながらコーヒーを淹れる人の淹れ方の違いをより考えてみたくなった

今週のお題が「読書の秋」とのことなので、先日原書を手に入れた話でも書こうと思います。という事で今回は"原作を一杯のコーヒーに例えたら…ついにブラックコーヒー、いや、コーヒー豆を手に入れた!"という話。 今回のコーヒー豆とは、"原書"の事です。ち…

【読書】物語は人を救うと思う:「変身」と「フランケンシュタイン」に寄せて

今週のお題が「読書の秋」なので、まぁ通常運転ではありますが、もりもり書いていきたいと思います(*‘ω‘ *) 「物語は人を救うと思う」というテーマで書きますが、今回の主役はグレゴール兄さんとヴィクターくんでいこうと思います。