海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

イラスト

【卓上旅行 2】もしも海外へ一人旅に出るのなら、どこの国で何をしたい?

私、卓上旅行が今一番の娯楽です。 でも多分この卓上旅行、きっと私は数か月後に現実のものとするでしょう…いや、そうしなければならないのです、自己肯定力向上のために!(*‘ω‘ *) …という目的意識がつき始めました。目まぐるしく過ぎていく日々に、なかな…

【雑記/読書】一般化していく物語、代名詞化していく登場人物

きっかけは『バイオハザード』なんだけれど、「一般化していく物語と代名詞化していく登場人物」ということでちょっと思う所書いていきたいと思います。何らかの研究書や論文を基にしているわけでもなく、ただ私がぼんやり考えたことをつらつら書くだけです…

【グッズ】オリジナルスマホケース:ジキル博士とハイド氏

自分用に自分のスマホケースをデザインしてみました(*‘ω‘ *) スマホケースを作るのは初めてではないけれど、今回は色数も多く学びが多かったと思います。今回のモチーフはロバート・ルイス・スティーヴンソンの『ジキル博士とハイド氏』です。

【読書考察/ゲーム:ACシンジケート】ジキルおじさんやグリフィンの歩いたであろう時代のロンドンを歩く:アサシンクリ―ドシンジケート

『アサシンクリードシンジケート』の舞台は1868年のロンドン。 古代エジプトが舞台である『アサシンクリードオリジンズ』であまりにも緻密な時代考証に驚かされたので、専ら当時の雰囲気を知るための資料として購入したタイトルです(*‘ω‘ *)ビッグベン等の象…

【M.S.F.P.】バレンタインポストでレアなチョコが送られてきた。

2月上旬になると流行するツイッターの遊び、バレンタインポスト。 フォロワーさんから「フランケンチョコ」を頂いたので拙宅ヴィクターくんにあげました。

【ドール/読書】オビツ11身長調整キット:手乗り「ジキル博士とハイド氏」の世界制作序章…?

カスタムドールで味わうフランケンシュタインごっこ…再び(`・ω・´)+今回は上級者向けな内容です。上級者向け、って技術の話ではなく、「解体して繋ぎ合わせる」が絵的に無理かそうじゃないかの話です。 メインは「オビツ11身長調整キット」の使用レポ…かな…

【映画】「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を観てファンタジーについて考えていた

もう観てから大分日にちが経ってしまいましたが…新作のハリー・ポッターワールドシリーズのファンタスティック・ビースト2作目、映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を観てきました(*‘ω‘ *) 例によってIMAX3Dですがとても面白かったで…

【今週のお題】初夢とおみくじ考察をしながら今年の抱負について考えてみる

今週のお題「2019年の抱負」…ということで今年の抱負、考えてみようと思います。私がいつも抱負を考える時は初詣で引いたおみくじを参考にする事が多いので今日はちょっとその話を。 それから、初夢がちょっと魘されたのでその話も少ししようと思います。 今…

【ゲーム:TRPG】元旦からクトゥルフ:ヤバめの医学生、人魚の製造に心をときめかせる

あけましておめでとうございます、クトゥルフ初心者です。 TRPG本なしでのお試しプレイを除くと第3回目のクトゥルフ体験。コマとして動かしているキャラクターの個性もだんだんわかってきて、初心者なりに楽しんでいます。そして年末年始休暇中という事で元…

【映画】「ナショナル・シアター・ライヴ :フランケンシュタイン」はフランケンシュタインと怪物しかいない世界のように見えた

いい加減、仕事が始まる前にこれを書かなければならないと思いましたので書かせていただこうと思います。 2018年はメアリー・シェリー著『フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス』の出版200周年。2019年は201周年というわけです。 というわけで色…

【日常】2019年を迎えて

あけましておめでとうございます。 このような辺鄙なブログに足を運んでいただきありがとうございます。今年も宜しくお願い致します。 今年も古代ギリシャでゴシック文学でドールで映画な一年を送りつつ、新しい出会いも大切にしていきたいなと思います(*^▽^…

【日常/読書】フランケンシュタインオフ2018 in シネ・リーブル池袋 & BAR 十誡

先日、ひょんなことから「フランケンシュタインオフ」をすることになりました(*‘ω‘ *)「何そのパワーワード…!」と友人に言われたりもしましたが、「フランケンシュタイン」繋がりのフォロワーさんと映画を見てコンセプトカクテルを飲むオフ会です。オフ会の…

【読書】エドワード・ハイドと"ヒポクラテスの誓い":「ジキル博士とハイド氏」考察

ちょっと思う所あって「ジキル博士とハイド氏」の読みなおしや検証をじわじわ進めているのですが…。ヘイスティ・ラニヨンがガブリエル・ジョン・アタスンに宛てた手紙の中に登場するエドワード・ハイドの台詞で気づいた事があったのでまとめてみたいと思いま…

【読書/考察】ヘンリー・ジキル博士を裁判にかけたい:「ジキル博士とハイド氏」の真の探偵はアタスンではなく俺たち…か?

どうしても納得がいかない、頭にひっかかる事があって、3冊の翻訳を読み比べてしまった「ジキル博士とハイド氏」。 その結果、一つの仮説を思いついてしまったのでちょっとまとめようかなと思います。 この違和感…単純に私の読解力がないだけだと思っていた…

【読書】原文編 / アタスンおじ様が本文中、「哀れなヘンリー・ジキル」と呟いた回数を原文で数えてみた

「ジキル博士とハイド氏」の読者の目線…進行役、弁護士のガブリエル・ジョン・アタスンおじ様。 アタスンおじ様はなぜか(翻訳の)本文中で「哀れなヘンリー・ジキル」と親友を哀れみまくる。やたらと目につく。一体何回言ってるんだよ。というわけで、数を…

【読書】原書をコーヒー豆に例えたら、コーヒー豆を眺めながらコーヒーを淹れる人の淹れ方の違いをより考えてみたくなった

今週のお題が「読書の秋」とのことなので、先日原書を手に入れた話でも書こうと思います。という事で今回は"原作を一杯のコーヒーに例えたら…ついにブラックコーヒー、いや、コーヒー豆を手に入れた!"という話。 今回のコーヒー豆とは、"原書"の事です。ち…

【読書】物語は人を救うと思う:「変身」と「フランケンシュタイン」に寄せて

今週のお題が「読書の秋」なので、まぁ通常運転ではありますが、もりもり書いていきたいと思います(*‘ω‘ *) 「物語は人を救うと思う」というテーマで書きますが、今回の主役はグレゴール兄さんとヴィクターくんでいこうと思います。

【映画】「ヴェノム」を観に行ったら"体を共有する共闘者"絡みでブルース&ハルクペアを思い出したので比較してみた

先日新作のマーベル系映画「ヴェノム」を観に行ってきました(*‘ω‘ *) 「不可抗力の変身・異形化」にフェティシズムを感じてしまう私。Twitterで流れてきたコメンタリーで「ジキルとハイドの要素があると思う」というのを見て「それは…概念?それとも原作??…

【ゲーム:FGO/読書】ミラーハウスの紫色の悪魔がジキハイ原作を読んでるかもしれない。

今回はゲームの話を中心にします。 多少ゲームシステムを知らない人もわかるように説明を加えはしますが、あくまでもゲームの話なのでご留意ください。また、先日終了した期間限定シナリオの"ONILAND"について触れますので、(殆どありませんが)多少のネタ…

【読書】モロー博士はヴィクター・フランケンシュタインくんのお友達になってくれるだろうか?

ようやく読書マラソンを再開する元気が出てきたので、H・G・ウェルズ氏の「モロー博士の島」を読んでいます。 会社のお昼休みの10~15分くらいを使って読んでいるのでスローペースですが、じわじわと読み進めている次第。果たしてモロー博士はヴィクターくん…

【今週のお題】最近枕を変えてみたんだけど割といい買い物だったかもしれない

今週のお題が「リラックス」だったので、この前枕を変えた話でもしようかと思います。 ストレス解消は他人の迷惑にならないようにしましょう( ゚Д゚)

【読書】Amazonの洋書の購入画面が初心者にはトラップ過ぎない?

慌ただしい日々が続いていますが、先週2日程お休みをいただいてから体調も少しずつ回復してきた気がします。そんな中、注文していた本が増えたので記事にしようと思います。……と思ったのですけれど、大失敗ほどではないけれど購入に失敗してしまったので、今…

【雑記/読書】自分だと疑われなければ誰でも凶悪になれるかもしれない…?

今週のお題は「ハロウィン」…とはいえ直接関係のある話ではないけれど。 会社で先日の渋谷でのハロウィン暴動の話題が出たのをきっかけに考えてみた事。…というわけで、今回はジキルおじさんとグリフィンの話をします。…ろくな連中じゃないな(;^^)

【今週のお題】ハロウィンの仮装で伝統的なモンスターと認識されているイメージが別に歴史が古くなさそうな件について

まぁ今日はハロウィンですし、今週のお題「ハロウィン」だったので、先日のラディコシアター主催の「ピクニックシアター」に参加した際に発表した自由研究「ハロウィンの仮装で伝統的なモンスターと認識されているイメージが別に歴史が古くなさそうな件につ…

【雑記/ドール】錬金術師の工房を作ってみたい:即ちヴィクター・フランケンシュタイン's ラボ

錬金術、いや、錬金術師に関する本が欲しい。 凄く漠然とですが、そんな気持ちがあってぼちぼち探しているのですがあまり私の望むような本というのは見つかりません。そのうち、気持ちが一人歩きしてきて、「錬金術師のドールハウスが欲しい」に発展しました…

【日常】10月ピクニックシアター:ハロウィンの仮装で伝統的なモンスターと認識されているイメージがあんまり歴史深くなさそうな件について

先日、演劇企画ユニット・ラディコシアター主催のパフォーマンス会、ピクニックシアターに参加してきました(^^)

【日常】もう二度とここへ来ないことが私の幸せ:最後の手術後検診

先日、「入院していた時に読書が心の支えだった」という話を書きましたが…最後の検診に行ってきました。 今日のサムネイルは退院直後に描いたヴィクターくん(「フランケンシュタイン」の主人公)のラフに、現在のヴィクターくん(カラー)を描き添えたもの…

【雑記/読書】入院は一つの転機だった:ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたのが3か月前。ゴシック文学沼にハマって大体半年。 ということは、文学沼にハマって3か月くらいでブログを立ち上げたことになります。最も、「記録をつけよう」という意図で始めたブログなので特定の作品の為というわけでもないはずなのですが…

【考察/読書/映画】原作を一杯のコーヒーに例えたら映画化は時にティラミスになりますか?

ある昼下がりに友人としていた話。 「原作を一杯のコーヒーに例えたら、映画化は何になる?」メディアミックスされると「原形とどめてないけど原作の要素は何となく感じる」…とか、そういうのあるじゃない?あぁいう感覚と、砂糖でも入れてしまったら、それ…

【読書:考察】フランケンシュタインの怪物が復讐鬼になった理由=ヴィクター・フランケンシュタイン不器用説

""フランケンシュタインの怪物"が人々から畏れられ、絶望の果てに人々を殺めた、そもそもの原因はヴィクターが不器用だったからじゃね?"…と、いつものように本文を引用しながらゆるゆる考察する記事です。 さあ、今日もヴィクターくんの話をしよう(*‘ω‘ *)s…