海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

【日常】神話クラスタ悪魔勢飲み会inキリストンカフェ

もう数日前の事だけれど、飲み会に行ってきましたよっと。

新宿のキリストンカフェです。

キリストンカフェ 東京
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ8・9F
3,000円(平均)


このお店初めてなのでもっと落ち付いた雰囲気なのかと思ったら結構ロックなミュージックが流れていたのでビックリ。
入り口にもワインとピザの店だと書かれているし意外にカジュアルな店だった…

f:id:snow_moonsea:20180812012422j:plain
f:id:snow_moonsea:20180812012427j:plain

今回のメンバーは通称"悪魔勢"と呼ばれているツイッターで知り合った神話好きの友人の中でも、悪魔の神話や伝説を(宗教的ではなく)サブカル&時にアカデミックにに愛好してる人たちのこと。
私は比較的神話クラスタの中では"ギリシャ勢"寄りなのだけれど、『失楽園』を愛読書にしていることから悪魔勢とも仲良くしてもらっています。


失楽園』は17世紀イギリスのジョン・ミルトンによる叙事詩で、去年2017年で350周年を迎えました。
内容は、聖書の創世記部分にあるアダムとイヴの原罪の黒幕・蛇(…に化けた悪魔サタン(=ルシファー))の視点から語ったもの。ギリシャ神話の引用が多いので元々私がギリシャ神話に興味を持ったのは『失楽園』のせい。


失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2)

失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2)

失楽園 下 (岩波文庫 赤 206-3)

失楽園 下 (岩波文庫 赤 206-3)


カリスマ性溢れるルシファーはとてもカッコいいけど、躁鬱持ちか?と思うほど喜怒哀楽が激しく、おまけにヤンデレでとても面倒くさく、ファンだけど上司には絶対したくない。
右腕として働いてるベルゼブブが焔の川で沈んでるのを見て「情けない!立ち上がれ!」と激励を送るけど絶対手は貸さないとか、ベルゼブブが自室で寝ていると夜中に「昼間の!神の!演説が!気に入らないんだけど!眠れないんだけど!!」…と叩き起こすなどのシーン等のシーンが可愛くて大好きだけど、ブブ様が可哀想過ぎるのでやっぱり上司には絶対したくない(。+・`ω・´)

私の愛好の仕方はそんな感じです。

今回の他のメンバーも、自分の好きな悪魔でファンアートや漫画を描いたり詩や小説などにしたためたりなどして愛好しています。
…ということまで詳しく書かないと怪しいオカルト集団だと思われるのが悪魔勢の悲しい所なのでしょうか。

「何で悪魔勢なのにキリストンカフェでオフ会してるの?」はツッコミ待ちです。

皆さんお疲れの様子でしたし、のんびりご飯を食べて最近の仕事の話などをしてゆるゆると10時になったかならないかで解散。
皆礼儀正しくて良い人たちですし、解散時刻の良識があり過ぎてビビります、悪魔勢。
大皿の料理の取り分け方もお互いに凄い気を使われる。凄い。

ギリシャ勢で飲み会するといつも「まだ10時じゃん!!カフェ行こうカフェ!!」「終電やべぇええwww」とか言いながらわたわた解散するもの。楽しいけど、決してパリピではないのに悪魔勢と比べるとパリピに見えるギリシャ勢。


同じ神話クラスタのはずだけれど愛好する神話ジャンルによって傾向が違うって面白すぎるよね。