海に浮かぶ月のはしっこ

映画や文学作品、神話関連その他の事をおぼえがきしますよ

フランケンシュタイン:或いは現代のプロメテウス

【今週のお題】ハロウィンの仮装で伝統的なモンスターと認識されているイメージが別に歴史が古くなさそうな件について

まぁ今日はハロウィンですし、今週のお題「ハロウィン」だったので、先日のラディコシアター主催の「ピクニックシアター」に参加した際に発表した自由研究「ハロウィンの仮装で伝統的なモンスターと認識されているイメージが別に歴史が古くなさそうな件につ…

【雑記/ドール】錬金術師の工房を作ってみたい:即ちヴィクター・フランケンシュタイン's ラボ

錬金術、いや、錬金術師に関する本が欲しい。 凄く漠然とですが、そんな気持ちがあってぼちぼち探しているのですがあまり私の望むような本というのは見つかりません。そのうち、気持ちが一人歩きしてきて、「錬金術師のドールハウスが欲しい」に発展しました…

【雑記/読書】入院は一つの転機だった:ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたのが3か月前。ゴシック文学沼にハマって大体半年。 ということは、文学沼にハマって3か月くらいでブログを立ち上げたことになります。最も、「記録をつけよう」という意図で始めたブログなので特定の作品の為というわけでもないはずなのですが…

【考察/読書/映画】原作を一杯のコーヒーに例えたら映画化は時にティラミスになりますか?

ある昼下がりに友人としていた話。 「原作を一杯のコーヒーに例えたら、映画化は何になる?」メディアミックスされると「原形とどめてないけど原作の要素は何となく感じる」…とか、そういうのあるじゃない?あぁいう感覚と、砂糖でも入れてしまったら、それ…

【読書:考察】フランケンシュタインの怪物が復讐鬼になった理由=ヴィクター・フランケンシュタイン不器用説

""フランケンシュタインの怪物"が人々から畏れられ、絶望の果てに人々を殺めた、そもそもの原因はヴィクターが不器用だったからじゃね?"…と、いつものように本文を引用しながらゆるゆる考察する記事です。 さあ、今日もヴィクターくんの話をしよう(*‘ω‘ *)s…

【読書/映画】ハロウィンの仮装で伝統的なモンスターと認識されてそうなのがあんまり歴史深くない気がする案件

一般的にハロウィン系キャラクターって何を思い浮かべるかしら? 狼男?吸血鬼?魔女?それとも……ヴィクター・フランケンシュタインにフランケンシュタイン博士のコスプレを着せるという変な構図… 2018年10月。 私が「フランケンシュタイン:或いは現代のプ…

【映画】「フランケンウィニー」のヴィクターくんが原作のヴィクターくんより勇敢で笑う

先日、渋谷のTSUTAYAに行った時にハロウィン特集棚が出ていて、「フランケンウィニー」が平置きされていました。 昨日ようやく思い立って観た(4回目くらいだとは思うけど)ので「フランケンウィニー」の思い出話と、原作の話を混ぜてもそもそ書こうと思いま…

【読書/映画】フランケンシュタイン・コンプレックス

少し前にAI技術関係のネットニュースが飛び交っていた時に、ふと「フランケンシュタイン・コンプレックス」という言葉を思い出しました。今日はなんかそんなお話。 でも、結論を先に言うなら「ヴィクター・フランケンシュタインは可愛い」(*‘ω‘ *) ※個人の感…

【映画】フランケンシュタイン推しの私が「メアリーの総て」を観に行くか悩むだけ

19世紀のイギリス文学作家メアリー・シェリー女史の映画が公開されるらしいですね。 彼女の生んだキャラクター、ヴィクター・フランケンシュタインを愛でてはいますが観に行くかどうかは悩みどころ…今日はなんかそんな話。タイトルの通り、"悩むだけ"です(-ω…

【雑記】"継ぎはぎだらけの"の喩え語が"フランケンシュタイン"で定着してて怖い

さて、おもむろにヴィクターくんを落書きしました。 久々の投稿…なんだけど昨日いきなりリアル事故ってしまったのでまぁ無理は禁物ということで。 足首超痛い…( ;∀;)

【雑記】ストレスから解放される為にやってみること

子供でも大人でも、ストレスに対する対処ってなかなか難しいものだと思う。まぁでも、就職活動している時よりかは就職した後の方がストレスは少ないかなと思うのです。決してそうでもない時もあるのだけれど。そういう時、何かストレスから解放される為の何…

【読書】ヴィクター・フランケンシュタインは"信頼できない語り手"なのか?

先日、12年来の友人とランチを共にした時の事。 彼女と小説の構成上に現れる"信用できない語り手"の話をした。今日はそんなお話。

【雑記/映画】ネットオークション・トレジャーハンター(*'▽')ノ

私がネットオークションを嗜むようになったのは、約10年前。 ドール趣味を始めたのと大体同じくらいの時期でしょうか。 今日はネットオークションのお話。

【ハンドメイド】青いリボンのイヤリング

こちらが完成品。 予定外にショッピングモールで何か作ることになったので自分用に作ってみました。

【読書/映画/ゲーム:FGO】元ネタ沼に足を踏み外した者たち

今日はプレイ日記じゃなくて間接的なお話(*‘ω‘ *)なのでサムネイル用の絵も描いたけどスマホゲーのFGOファンアートではないので悪しからず。 でも今回の主役は豆腐メンタル天才大学生ヴィクター・フランケンシュタインくんと、ヤク厨のダメなアラフィフのヘ…

【雑記/読書】心揺さぶる物語たちと読書感想文

もう小学生、中学生は夏休みの宿題もクライマックスに突入するところ…でしょうか。私は社会人なので夏休みの宿題とかは関係ないですが、何だかんだでこのブログを書いたり解説漫画を描くために資料を探し回ったりしていると、年がら年中夏休みの宿題と格闘し…

【雑記/神話/読書/映画】私がゴシック文学にいたるまでの道程

私は別にマッドサイエンティストが好きなわけではない…はずだった、という話。 このブログ、読書記録をつけると言いながら専ら映画とゴシック文学歴代マッドサイエンティストの考察に使ってしまっている気がするのだけど、まぁ好きにやることにします(-ω-;)

【映画/M.S.F.P.】マッドサイエンティスト文学と映画史

全部観るのは絶対無理だけど… TSUTAYA等で探す資料としてわかる限り年代別に並べてみた。「フランケンシュタイン」と「蠅」はともかく、「ジキル博士とハイド氏」と「透明人間」はウィキペディアを駆使してもなかなかタイトルが見つからなかったので情報あっ…

【雑記/映画】元ネタ探しの旅ならぬイメージ変遷を辿る旅?

楽天お買いものマラソンが始まっていたのでDVDを2本発注しました。 「狂へる悪魔」と「フランケンシュタイン(1931)」。 前者は未視聴、後者はレンタルで観た事があるけれど…。 ゆるゆる辿るイメージ編纂の旅。

【雑記/M.S.F.P.】フランケンシュタインは「科学なんてもう嫌だ」と何回思ったか?

「フランケンシュタインが「科学なんてもう嫌だ」と何回思ったか」…っていう字面だけで、現在に構築されたイメージとのギャップで、(私が)一瞬パニックになる感覚が楽しいです。ふと思い出すだけで数回は「科学なんてもう嫌だ」と思っているはずだけど、一…

【映画】フランケンシュタイン(1994年)

私の理想のヴィクターくん探し。ケネス・ブラナー氏が監督とヴィクターを演じる映画。 ジャンルは「モンスターものホラー」「SF」。原作にあった「疑似親子」要素がところどころ強調されている。

【映画】ヴィクター・フランケンシュタイン(2015年)

私の理想のヴィクターくん探し。ダニエル・ラドクリフ氏が狂言回しポジションで主演した映画。 ジャンルは「マッドサイエンティストモノホラー」「SF」。原作にあった「疑似親子」要素はない。

【雑記】歴代狂科学者たちの理想と原作

フランケンシュタイン博士(?)の人造人間が動いた時の反応、イメージと原作のギャップが激しい。 でもこのイメージの差はメディアミックス(映画化)のせいよね?という話をします。

【読書】フランケンシュタイン~或いは現代のプロメテウス(メアリー・シェリー/イギリス/1818年)

私の中のフランケンシュタイン博士、というイメージを真正面から粉々に砕かれた。 個人の意見だけど、ジャンルは「周囲がじわじわ殺されていく系ホラー」「SF」「疑似親子もの」だと思う。 M.S.F.P. No,1